急激な気候

急激な気候変動の経済的および生態学的影響

長年にわたり、気候変動は多くの被害をもたらしてきました。そして、将来の自然による被害は8兆ドルです。気候変動は経済的コストで測定でき、市場に影響を与える可能性があります。市場取引に再リンクした影響は、GDPに直接影響されます。また、人間の健康や生態系に影響を与える可能性のある市場以外の影響もありますが、これはさらに困難です。気候変動によって引き起こされている多くの経済的および生態学的影響があり、経済に大きな影響を与える可能性があります。 地理的知識を取り巻く知識のギャップと気候モデルには大きな不確実性がありました。これにより、気候変動に影響を与える可能性のある潜在的な市場セクターである先進国との脆弱性を比較することができます。人間と自然システムの適応能力の将来は、気候変動をもたらし、経済に影響を与える可能性があります。開発の予測の未来は、将来の気候変動の影響に影響を与える可能性があり、それが社会経済的傾向を変える可能性があります。 国際労働機関は、気温の上昇が1.5度に制限されており、その変化により生産性が低下し、2.2%に達する可能性があると主張する多くの記事を発表しています。より影響を受けると予想されるセクターは農業であり、損失の60%を占めています。建設セクターにも影響があり、予想される損失の19%を占めています。これは、リスクと環境関連の商品やサービス、廃棄物の収集、緊急事態、修理作業に役立ちます。 根底にある仮定に応じて、経済的影響が生じる可能性があり、それは大気中の二酸化炭素を2倍にする可能性があり、これは産業プラントの悪影響によって引き起こされます。総合的な影響は、開発とマイナスの影響を予測できる大きな地域差であり、地域的および世界的な貿易システムとのつながりが不十分になる可能性があります。天候と経済の農業と水資源への影響を露呈した多くの貧しい国々があります。 家畜、林業、漁業などの気候変動を含む、他にも適切な効果が得られる分野はたくさんあります。エネルギー保険、観光、レクリエーション産業を含む可能性があり、はるかに不確実性をもたらす可能性がある気候変動に影響を与える可能性がある多くの敏感な気候変動があります。淡水部門には多くのメリットと気候変動があり、いくつかの形態をとることができます。これには、金銭的なコストと利益が含まれます。水の供給はコストを予測しており、その利益を超える可能性があります。予測されるコストには、インフラストラクチャの潜在的なニーズが含まれ、洪水や干ばつから保護することもできます。メンテナンスと更新を増加させる多くの要件があり、それがより大きな温度変化に影響を与える可能性があります。